2013年10月04日

2013年07月08日

カヤックドッグ

 top.jpg
1.jpg
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg
7.jpg

posted by 編集室 at 16:03| 長野 ☀| アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月28日

BCクロカン

 taitoru.gif
 top.jpg
 BC.gif 
 「BC」はバックカントリー、「クロカン」はクロスカントリースキーの略。「バックカントリー」とは、圧雪されていないエリアを登って滑ること。ちょっと険しいイメージが…(汗)。「BCクロカン」は地形が穏やかな里山エリアを、歩き・登り・滑る遊び。スキーの技術がなくても歩ければ大丈夫!!だれでも気軽に始められるよ!!ぜひ、やってみよう♪

 dougu.gif 
 ita.jpg 
 クロスカントリースキーより太めの板。
 ちょっと
前のスキーという感じ。とても軽いよ!!
 エッジがついていて安定感があるんだよ。
  
ura.jpg 板の裏はうろこ状。
これがあるから斜面で
後ろに滑らないんだね。
 
靴はスニーカーのよう。
ストックは伸縮出来て
リングが大きいものがいいよ。 
kutu.jpg
    金具の部分が少し広い。 
 

iku.gif 
 1.jpg
 2.jpg
 3.jpg
 4.jpg  
5.jpg 
6.jpg 
7.gif 
 
yamada.jpg
              山田誠司さん 



お忙しいところご協力いただき、ありがとうございました。とっても楽しかったです。 by 編集室
DATA
BCクロス体験 (4月末まで)
★申込み・お問合せ…0261-85-1221(山田旅館)
 ・半日 5,000円〜(2人以上)
 ・レンタルあり 3,000円 
 

taiken.gif体験記

  クロスカントリー(以下クロカン)というものに物凄く苦しいイメージをもっていた私が、BCクロスカントリー(以下BCクロカン)に挑戦する事になり、不安な気持ちで当日を迎えた。前日夜からの激しい降雪で、不安な気持ちに拍車がかかる。しかし現地に到着して、ガイドさんから道具の説明を受け、準備をしているうちに、ナント青空が見えてきた!テンションが上がってきたところで出発!でもクロカン初心者の私はそう簡単にはいかない。BCクロカンは普通のクロカンの板より幅が広く、エッジも付いているので、はいた感触はスキーに近いが、踵が上がるのですごく不思議な感覚…。
 早速、未圧雪の場所へと立ち入るべく、雪の斜面を登る。「おお〜、スキーで斜面が登れる!」これだけで感動。ひざ下まで積もった雪で、先頭のガイドさんはひたすらラッセル。2番手の私は楽チン。「3番目はもっと楽ですよ」の言葉に、3番手の編集員ウンパちゃんと位置を交代すると、踏みしめられた道となっていて本当に楽チン。「後ろの人は道を広げながら歩くと、下る時、スキーをハの字にできますよ」とのお言葉。それならばと、スキー1 本分、外側の壁を削りながら進む。雄大な雪景色に見とれながら歩くこと1時間。思ったより苦しくない。「もっと急なコースを行くと苦しいですけどね」…そりゃそうよね(汗)そして目的地に到着。ガイドさんが手際よく雪を掘ってテーブルと座る場所を作ってくれた。ここでランチタイム♪体を動かした後に青空の下で食べるご飯は格別!こんな楽しみがあったのね〜。
 さて帰りが問題。クロカンは下りが難しい。滑り出していきなり撃沈!後ろにステーンとひっくり返ってしまった。踵が浮くが、つま先は固定されているのになぜか後ろへ転び易い。何度か転びそうになりながら下るうちに悟った。「スキーと思わずスケートだと思えばいいかも」。するとなかなか良い感じ(緩斜面だからだけど)。冷や汗をかきつつもスタートした場所まで戻ってくることができた。手軽に雪の上のお散歩を楽しめるBCクロスカントリー。終えてみると今までの『苦しい』イメージが『楽しい!』に変わっていた。BCクロカンなら家の近くでのお散歩も、いつもと違った楽しみ方が出来そう♪既に頭の中で「次はお昼ご飯にアレとアレを持って〜…」と考えている私である。  
                                                                                                       osho.gifOSHO

 

posted by 編集室 at 15:53| 長野 | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月01日

CHALLENGE THE SNOWMOBILE

1.gif 
 2.gif
3.gif 
4.gif 
 
5.gif 6.gif


右レバーがアクセルで、左レバーがブレーキと、原付バイクのよう。腕とバイクをコードでつなぎ、コードが抜けるとエンジンが停止する安全装置も付いているよ。 
7.gif 
300ccスノーモービルを使用。ちなみに、スキーパトロールなどで使用されているのは、600cc〜1000ccくらいのものが多いそう。 8.gif 
 
9.gif
右折時は右に、左折時は左に体重をかける。雪面が傾斜している時には、山側へ体重を。右折するけど、左が山側だったら??? 先頭のガイドさんを見本にすれば大丈夫。オーバー気味に動いてくれるので、分かりやすいよ。 
10.gif 
11.gif

 
最後は、平らな広いところでフリーライディング。好きなように走れるのも、また楽しい!!
12.gif
 「原付バイクの運転経験があるなら大丈夫ですよ」と言われ、運転席に座らせてもらうことに。原付と比べるとハンドルがかなり重く、最初の10分で既に腕がだるいような…(日頃の運動不足がバレバレ)。 始めのうち、右手でアクセルを握りながら右へハンドルを切るのが難しく、前を走るガイドさんのラインからはみ出してしまったりした。ツアーコースでは自然の地形を走る為、随所でバランス感覚が試される。最初は「はて、どっちに体、傾けるんだっけ?あれれ??」という調子だったが、慣れてくると、美しい景色に目をやる余裕も出てきていい感じ♪う〜ん、気持ちいぃ〜!皆さんも時にはゲレンデ滑走とは一味違った、こんな遊びを楽しんでみてはいかがだろうか?
 
13.gif
 
 「原付バイクのようなものですよ。乗ったことは?」「ないです…。」というわけで、運転を編集室員OSHOちゃんにまかせ、彼女の後ろに乗り込む。運転のさまたげにならないよう、(しがみついている時点で、十分さまたげだけど)右へ左へ懸命に体重移動。おかげで右のおしりと左のおしりが離れていく。時折それをもそもそと修正。コースは、ヘアピンカーブあり、木のアーチあり、思っていた以上に緩急に富んでいる。細い枝が頭に当たったけど、ヘルメットがあるので、へっちゃら。それどころか、「あはは〜、ぶたれたね〜」と、大はしゃぎ。最後のフリーライディングでは、ガイドさんとタンデム。片足走行をしてもらい、モービルってこんな走りも出来るのね!と、大興奮。ホント楽しかった〜♪
 
14.gif 
15.gif
 
白馬ライオンアドベンチャー

電  話 0261-72-5061
予  約 要開催期間
           3月までの毎日(悪天候の場合中止になることも)
開催時間 10:00〜、11:00〜、13:00〜、14:00〜、15:00〜
参加資格 シングル(1人乗り)中学生以上、
             タンデム(2人乗り)6歳以上
料  金 シングル(30分 7,000円、60分 10,000円、90分 14,000円)                タンデム(60分 中学生以上 14,000円、子供 12,000円)
           タンデム(90分 中学生以上 20,000円、子供 18,000円)
 
 


 白馬ライオンアドベンチャー様
      取材にご協力いただきまして本当にありがとうございました。by編集室
 
 
posted by 編集室 at 15:03| 長野 | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月01日

CHALLENGE THE TREE CLIMBING

1.gif 
2.gif
 手袋は軍手でも良いけれど、皮製の作業用手袋の方がロープやカラビナを扱いやすい。森の中での体験なので、虫とも一緒。長袖・長ズボンは必須だよ。靴は、ソールががっしりした登山靴などが、安定感があって◎。ヘルメット、ハーネスは貸してくれるよ。
 
y.jpg 
 
4.gif

細いロープ+小さなおもり『スウィングショット』を登りたい木の又を目がけて投げる。この時、足は肩幅ぐらいに開き、スウィングショットを振り子のように振り下から放り上げる。 
 
5.gif 
 
スウィングショットに『スタティックロープ(加重しても伸びないツリークライミング専用のもの)』をくくりつけ、今度はこれを木の又に通す。

7.gif 
 6.gif
8.gif 9.gif
ロープを結び、カラビナでハーネスと連結させる。ユマールと呼ばれる道具をロープに装着したら、登る準備完了!  

10.gif 
 




















ユマールをロープの上のほうへスライドさせ、足を伸ばすだけで、体が上へ。腕の力は意外と不要で、上手く体重をかけることが出来れば、小さな力で登ることができるよ。 
 11.gif
12.gif
 
13.gif ユマールをはずし、下降開始。ロープを握る手の力加減で、速度コントロールが可能。スルスル〜。



14.gif 
 
15.gif 
16.jpg  この他にターザンスライドや傾斜地を下るアブザイレンなども。







17.gif
 
 
18.gif 

  ツリークライミング…子供の頃、よくヤマモモの木に登って実を食べてたっけ。そんな事を思い出してから、妙にワクワクした気持ちで取材当日を迎えた。ガイドの方達と顔を合わせ、自己紹介もそこそこに早速ハーネスを装着。車に乗ってすぐ近くの森へ着くと、木と木の間に張られたワイヤーや、ネットが目に入ってきた。説明を聞くと、ロープワークを多用する登山技術の応用編という感じで、自分がやってたサルのような木登りとはかなり様子が違うようだ。様々な道具を紹介されて「木登りもハイテクな時代だな〜」と感心。まずは木にロープをかける為、スィングショットを投げる練習。ガイドの方の実演を見るも「なんだかすごい難しそ〜(汗)」自慢じゃないけどモノ投げ系超オンチな私。「じゃ、こっちでやってみて」と指し示され、「うっ!あんな高いとこ!?」。まず届かないだろうな〜と思いつつも、自分なりに立ち位置を模索。あとは深く考えずに投げてみる…「それっ」 おお!素晴らしいビギナーズラック!!一発で成功するとはなんたる偶然!?でもこれが成功しないと先へ進めないのでホッと胸をなで下ろす。スイングショットの先にロープをつけて引っ張り返し、ロープかけ完了。そして次が肝心要のロープワーク。覚えたら色々役に立ちそうだな〜と思いつつも聞いた直後、頭の中は???。う〜ん奥が深い!深すぎる…。気を取り直し、いよいよ登リ方の説明を聞いて、いざチャレンジ!ユマールに付いた紐に足をかけ、脚を伸ばしながら目の前のロープの結び目を上に押し上げる。最初は動きの順序がわからずにまごつくものの、慣れてコツがつかめてくると腕でなく足の力で楽に登れることがわかる。楽しくてひたすら登り続けたい衝動に駆られるも、ふと高所が苦手な自分に気付き下を見下ろしてみた。4メートル以上は登っただろうか。でも森の中の地面は柔らかそうで不思議な安心感がある。降りる時は結び目を上から押さえるとスルスルと下がる。気分はレンジャー部隊♪続いてモンキーウォーク。途中、ワイヤーがクロスした所でカラビナの掛け換えを行って進む。グラグラ揺れるワイヤーを進むのはかなり腕の筋力を使う。しかも靴底の減った靴は滑り易い!最後はアブザイレン。ハーネスに付けたエイト環という8の字の金具にロープを通し、傾斜地をスルスルと降りていく。やってみるとヨロヨロしてしまって真っ直ぐ進むのが難しい。ガイドさん曰く急斜面の方が安定するそうで、思わず「ならばもっと急なところでも試してみたい!」と思ってしまった。野生児だった頃を懐かしく思うと同時に、大人になってもこうして楽しめる方法があるんだということを今回発見。ロープワークをモノにして、またぜひチャレンジしてみたい。ガイドの皆様、お忙しい中丁寧に教えていただきありがとうございました!
 
教えていただいたのは
小谷パラグライダースクール
水谷 雅三さん
 
 19.jpg

 
 
DATA
小谷パラグライダースクール
電話/0261-82-3044
受付/9:30〜、13:00〜
※雪が降るまで
(11/中くらい)
料金/5,000円(半日)
対象/身長110p以上http://otari-pgs.com 
 
小谷パラグライダースクールのみなさま
お忙しいところ取材にご協力いただきまして本当にありがとうございました。
by編集室 
 
 
 
 
posted by 編集室 at 09:00| 長野 ☀| アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月31日

CHALLENGE THE CANADIAN CANOE

1.gif 
2.gif20.gif
 カナダインディアンが使っていた船が起源で、昔は丸太を削って作られていたそうだよ。とても静かに進むのが特徴で、狩りや荷物の運搬などに使っていたんだって。片側にのみ、ブレード(水かき)がついたパドルを1人1本用いて漕ぐよ。幅があるので安定感があり、老若男女問わず、楽しむことができるよ。



21.gif
濡れてもよいスニーカーや足を固定できるサンダル帽子・雨具・着替え・タオル泳ぎたい人は水着の用意を。更衣室もあるよ。   
3.gif 
5.gif 4.gif 
 6.gif
         受付・着替えを済ませたら、体験スタート。


 7.gif
8.gif
9.gif
操作のレクチャーが終わったら、2人1組(最小1人、最大3人まで可)になって、いよいよ乗船。足元がちょっと不安だけど、ガイドさんがカヌーを押さえていてくれるよ。カヌーの中央に足を乗せ、(端だと転覆しちゃう)慎重に。   
 10.gif
後ろの人がパドルで舵を取り出発。最初は不安だったけど、思っていた以上にスイスイ進んだよ。

  



 
11.gif 
 12.gif
 13.gif
14.gif
 
湖上を気持ちよく進み、自然を堪能したら、湖岸へ上陸、休憩。お茶を飲んだり、おしゃべりしたり、泳いだり。そして、帰路へ。 


 15.gif 
16.gif  
 
 17.gif
 乗ってきました!漕いできました!人生初のカヌー。のんびり静かに湖上を進むなんてステキ…。と、ちょっと優雅なツアーを想像し、いざスタート。取材当日の天気はうす曇りで「絶好のカヌー日和」早速受付を済ませ、ライフジャケットを着用し、パドルが配られると陸上で講習会スタート。パドルの持ち方、漕ぎ方、万が一、落水した時の話などを聞く。さっそくパドルで空気を漕ぐが、あまりイメージが湧かない…。「ま、ここで漕ぐよりも、実際にやってみましょう!」とガイドさん。「え?もう?」乗船まであまりにもスピーディで、少し戸惑う私。「前に座る人がエンジンの役割、後に座る人は重要な舵取り役です。」の説明に「じゃ!エンジンで。」と前席に立候補。乗船と下船は不安定な足元に緊張。絶対に落ちるわけにはいかない、と真剣な面持ちで、ゆっくり、ゆっくり着席し乗船完了!「この辺りで練習していて下さい。」の声と共に湖上に滑り出した。重要な舵取りをF2に任せ、しばし写真撮影。「なんか静か〜。このままただ、浮かんでいたい…。」などと私が現実逃避しているうちに他のグループも乗船し、ガイドさんを先頭に湖上を西へ〜。しかし風が強くなってきたので「今日は岸にそって北上しましょう!」とルート変更。私は方向転換がとても苦手で、ただただ力まかせに漕いでいたが、勘のいいF2は「私、方向転換つかんだかもよ!」と上手に舵取りをしてくれた。おかげで、どこへでも自由自在に進む。『人生 いい舵取り役に出会うのは とても重要だ。』と格言が心に浮かぶ。しかし、あまりにも自由なので「あまり離れないでね。」と声がかかる。「は〜い。」と素直に答え、ぐんぐん北上。途中、浅瀬で魚を観察したり、湧き水の様子を見たり。パドルを湖底にさすと湧き水と共に水泡がキラキラ。楽しくて何度も湖底を押してから急いでシャッターを切ったが、なかなか瞬間を撮るのは難しかった。(皆様ぜひ御自分の目でご覧下さい!)さらに木枝のトンネルをくぐって進む。「木の間から湖を見て下さい。」の声に顔をあげると、湖面がエメラルドグリーンに輝いている!思わずサングラスを取り「すごい!きれい!」と感嘆の声をあげてしまった。この美しさ、とても心に残った。そこから程なくして上陸し休憩ポイント。F2と私から出た言葉は、「こんなキレイな水で泳ぎたい〜。水着持ってくれば良かった。」ではなく、「おやつ…持ってくれば良かった。」だった。ツアー参加者全員で紅茶をいただき、あとはまっすぐ帰るのみ!なぜか「一番に帰りたい。」と闘志に火が付き、舵取り役指導の下、エンジン全開に漕いだ。「私たち上手くない?すごいよね〜」。帰りのコースも自由な私達だったが、優しいガイドさんに見守られながら(あきれられながら?)楽しく到着することができた。季節や天候によって様々な表情をみせてくれるカヌーツアー。爽やかな風、湖と木々の美しさ、そして静かな浮遊感、パドルを漕ぐ心地いい疲労感…色んな感覚が味わえ、ハマってしまう人が多いという話もうなずける。さぁ、大自然を感じてみたい方、日常からちょっと離れてリフレッシュしたい方、ペアと絆を深めたい方…カヌーツアー、おすすめです。

18.gif
 
 19.gif 
 
エヴァーグリーンアウトドアセンター
http://www.evergreen-hakuba.com/
電 話…0261-72-5150
集 合…青木湖キャンプ場 開 催…春〜秋 ※要予約
時 間…半日/A.8:30〜、B.11:30〜、C.14:30〜
       1日/8:30〜14:00(ランチ休憩1時間含)
料 金…半日/5,750円(中学生以上)、4,200円(小学生)、1,500円(幼児)          1日/11,000円(中学生以上)、9,500円(小学生)※含昼食
対 象…半日/3歳以上、1日:6歳以上
催 行…半日/大人2名〜、1日:4名〜
料金に含まれるもの…ガイド・カヌー・パドル・ライフジャケット・保険 
 
お忙しいところ、快く取材にご協力いただきまして本当に、ありがとうございました。 by 編集室 
 
posted by 編集室 at 18:05| 長野 ☀| アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月01日

CHALLENGE THE SHOWER CLIMBING

1.gif 
シャワークライミングとは…自然の地形を利用し、渓流を楽しむ水遊び。冒険気分が味わえるよ! 
2.gif 
3.gif 
用意するもの…
水着・タオル
ウェットスーツを着るので、水着がないって人は、下着でもOK!めがねの人はめがねバンド、コンタクトの人はスイミングゴーグルを。こちらは無料レンタルあり。 
ツアー…
沢を歩いて登ったり、ちょっぴり泳いだり、ダイブしたり。全身を使って自然と遊ぶよ。ガイドさんが、安全を確認しながら案内してくれるので、安心。自分だけでは味わえない特別な体験ができるよ。参加者の体力に合わせてコース長を調整してくれるので、健康な小学生以上であれば、誰でも参加OK!中には、70代の参加者もいたそうだよ。
 
水…
まず最初に驚いたのが、そのきれいさ。水温は15℃くらいと冷たいが、ウェットスーツを着ているので意外と平気。
4.gif 
 
5.gif 
 
6.gif この景色、この体験、思い出を形に残したい人は、
防水カメラを持って行こう!
首ストラップはあった方がいいゾ。 
 
7.gif 
小川で水しぶきを浴びながら手軽に歩く。それが私のシャワークライミングのイメージだった。でも、編集室のスタッフに聞くと、どうやら私の思っていたものよりハードなようだ。取材当日、ドキドキしながら受付場所へ向かった。周りは見渡す限りの緑。はて?ここから川らしきものは見えないけどいったいどこに?「ここから車で移動して行きます」。あ、なるほど。ウェットスーツのサイズを合わせてもらって着替え、シューズ、グローブ、ヘルメット、ライフジャケットを渡される。クルマに乗り込みいざ出発!一般車は入山禁止となっている山道を進むこと、約10分。車を降りて少し歩くと川が出現!近づいて見てみると水がとにかく綺麗!しかし水量も水勢も想像していたより1段階、いや2段階上かも。早速、水の中に入ると・・・冷たい!思わず「ヒャ〜!」っと声が出そうになったが、水から出て歩き出すと、体がポカポカしてきた。勢いよく流れる水に足をとられないよう注意して歩く。時には岩に貼りついて狭い足場を登り、時には泳いで進み、3つ目の滝へ到着。「ちょっと休憩」のひと声で腕や足の疲労感に気づかされる。近くの岩に座って、周りを眺めると、美しい景色にウットリ。しぶきを上げながら流れる川の水、ゴツゴツした岩の造形に、青々と茂る草木の緑。夢でも見てるかのような不思議な感覚にとらわれる。休憩が終わり、今度は川を下る。水深のある場所で岩の上から飛び込んだり、泳いだり、水の流れに身を任せてみたり・・・自然を利用してこんな遊び方があったんだ〜と感動。雄大な自然に感謝!そして素敵な時間を提供していただいた小谷アウトドアクラブの皆様、どうもありがとうございました♪ 
 
DATA小谷アウトドアクラブ
http://www.valley.ne.jp/~seisadao/otariodc/
電 話…090−3312−1069
集 合…白馬コルチナスキー場わらび平ゲレンデ内レストランボンネージュ
開 催…9/23までの毎日、定員各回20名 ※要予約
時 間…午前コース9:20〜(受付9:00〜)、午後コース12:50〜(受付12:30〜)
料 金…6,000円(大人・小人)
対 象…小学生以上のシャワークライミング初心者
※小学生は保護者同伴
※雨天催行。場合によっては、中止になることも。 

高校生以上の健康で元気な男女には、チャレンジコースもあるよ。
もちろん、初心者でも参加OK! 料金7,000円(装備一式込み)

参加料金には、ウェットスーツ・ライフジャケット・専用シューズ・ヘルメット・手袋のレンタルが含まれているよ。大柄な人(身長185p以上や体重100s以上、足のサイズ30p以上)は、事前に相談してみてね。
 


 
8.gif  
お忙しいところ、快く取材にご協力いただきまして
 本当に、ありがとうございました。 
                                                               by 編集室
posted by 編集室 at 08:50| 長野 ☀| アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月04日

熱気球

 
1.gif
 
 
 熱気球は、暖めた空気により浮力を得て飛行。球皮(エンベロープ)と呼ばれる袋の中の空気を下部に取り付けたバーナーで熱し、外気との比重の違いにより発生する浮力によって上昇。その熱の調整によって上昇したり下降したり。操縦は、風の向きと強さが高度によって異なるため、進みたい方向の風を見つけて高度を調節することで行うそうだよ。
 
 
2.gif 
3.gif

ゴンドラにドアがついているので、乗り降りが簡単。2人乗り込んだら2人降りるといった具合に乗降。乗船前に、乗り方や、掴んでも良い場所などの注意事項の説明があるので、よく聞いてね。

 
4.gif 
5.gif 
6.gif 
7.gif 球皮をたたんだところ。(奥の人物と大きさを比較して見てね。)この部分だけで、200s近くあるそうだよ。軽い素材を使用していても、このぐらいのスケールになると、お…おもい。ちなみに、燃料はLPガス。ボンベをアルミにすることで、軽量化しているそうだよ。 
 
8.gif
こちらの気球の第一印象、「でかっっ!」。第二印象、「何人乗るの!?」。私の中の気球のイメージといえば、4・5人乗りで、ゴンドラ部分に乗り込むには、またがなくちゃいけない。なので、キツいデニムパンツなんてもってのほか、と、のびのびストレッチパンツで臨んだ。「あれっ、ドアがある…」。みんな、ぎゅうぎゅうひしめきつつ、またぐことなく乗り降りしている。そして、いよいよ上空に…。気球のその大きさのせいか、上空に上がっても、さほど高そうには見えない。高いところは、得意とは言い難い私でも大丈夫そうだ。いざ乗船すると仕事魂たくましく、シャッターをきりまくる。ゴンドラにもたれて、身を乗り出さんばかり(多分、気持ちだけ)。だけど、だんだんと高度が増すにつれ、ドギマギしてきた。思っていた以上に高い〜。地上で待つ相方が小さい〜。私の隣に乗っていた女性の方は、「5分って短いと思ったけど、十分ね。怖くてお尻がぞわぞわするわぁ。」とつぶやいている。他の人はというと、景色を楽しんだり、写真を撮ってもらったりと、空中散歩を満喫。人によって長かったり短かったりな5分が経過。今度は、着陸時の衝撃に備えて、ひざを曲げる。どんな衝撃がくるのかしらとハラハラしていたけど、コトンとソフトに着地。きっと操縦の方の腕が良いに違いない。この日は、早朝にも関らず、肌が焼けてぴりぴりするぐらいの快晴。山もくっきりと見え、空気も清々しい。のどかな田園風景にも白馬の魅力を再確認。普段は、早起きが苦手な私だけど、今日は早起きして本当に良かった〜。 
 
 DATA
白馬ライオンアドベンチャー
TEL 0261-72-5061
集合場所  白馬ジャンプ競技場横気球会場
予    約  要(前日までに)  
開催期間  〜11月4日までの日・祝(7/15〜9/2は毎日)
時    間  6:30〜
料    金   大人\2,400(中学生以上)
           子供\1,600(4歳〜小学生以下)
           幼児\無料(3歳以下)※大人1名につき幼児1名まで
           愛犬\500 ※大人1名につき愛犬1匹まで
           ※別途安全管理費100円/人
催行人数   12名以上(1名から参加可)
※風や雨で中止になる場合もあり。
http://hakuba.lion-adventure.com/  

白馬ライオンアドベンチャー様
お忙しいところ取材に
ご協力いただきまして
本当にありがとうございました。  
 
9.gif


posted by 編集室 at 11:15| 長野 ☔| アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月01日

Challenge the Cross-country skiing

cross-top.gif 
dougu.gif
dougu1.gif スニーカーのような。板と金具をつなぐパーツがあり、踵が上がる構造になっているよ。

クロスカントリーの道具はすっごく軽く作られているよ。
はゲレンデスキーより幅が狭く、板の裏にはミゾがあるものと中央部分をうろこ状に加工したものが。うろこ状だと踏みしめた時にスキー板が後ろにずれないので、緩い傾斜なら板をまっすぐにしたまま登ることが出来るよ。 
ストックは脇の下からあごくらいまでの長さのものを使用。後ろに突いて、推進力を出すんだって。爪もあって、しっかり突けるね。 
dougu2.gif 
 
dougu3.gif 
 
souhou.gif
左右のスキー板を平行に保ちながら交互に前後させて進むクラシカル走法とスケートのようにスキー板を逆ハの字に開いて進む(スケーティング)フリースタイル走法があるよ。 souhou1.gif 
souhou2.gif 初心者には、歩く感覚のクラシカル走法がオススメ。技術より慣れが大事!!いろんなコースを歩いてみよう。 
 
 
tyosen.gif 岩岳ゴンドラ乗り場から、北側の森の中には、全長3km・5kmのクロスカントリーコースがあるよ。ラビランコース(ウサギが走るの意、ラビット+ラン)と呼ばれ、全日本スキー連盟(SAJ)公認コースなんだって。 
tyosen1.gif
tyosen2.gif 
taikenki.gif  数えられる程しかスキーをした事がなく、最後に履いたのは十数年前という初心者の私。スキースクールの前で板の履き方と基本の動きを教えてもらい、先生の後ろについて、さぁ出発。ブーツより板の幅が狭いため、左右に体重を傾けると体がグラッとするけど、ただ歩くだけなら割とスムーズ♪まずはトラックを半周。その後トラックを外れて、森の中へ。夏場の林道をコースとして使用しているので起伏があるけど、板の裏面にあるウロコのおかげで楽に登る事が出来る。歩いている間も、コース脇に生える樹木の名前を教えてもらったり、兎の足跡を見つけたりと、ネイチャーウォーク気分。しかし、斜面を上った後には恐怖の下りが…。緩い下り坂を前に「プルークで降りてみてください」と先生。初心者の私は、プルークって何?と、ドキドキしながら、先生の動きを見よう見まねで板を 『八の字』に。慎重に滑り出してみるものの、足も板もプルプルで直ぐにバランスを崩して尻餅をついた。スピードは出ていないので、全然痛くないけれど難しい・・・。それでも、先生は、私のペースに合わせて、滑りのコツを教えてくれ、少しずつ上達している気がして、どんどん楽しくなる。緩い下り坂なら辛うじて滑る事が出来る様にも。コースも後半に入った頃、壁の様な陸橋が目の前に登場。「この先に橋は2箇所あります。降りた先は平らなので、勢いを殺さず進むと楽ですよ」の先生のアドバイスを参考に(?)今度こそは!と気合を入れる。まず、 『逆八の字』で必死に登り、上に着いたと思ったら、先の見えない下り坂。一緒に行ったUmpaちゃんはカメラを構える為、直滑降でスィーと上手に下りて行った。私はといえば、再度プルークに挑戦。途中までは順調だったけれど、そのうちバランスを崩し、「ギャー」と尻餅。そのまま止まる事もできず、ズルズルと滑り落ち、あっさり挑戦失敗。その後も陸橋は撃沈。だけど、最後の長い下りはなんとか成功!!やっぱり慣れが大事だと実感。トラックに戻ってくると、ジュニアチームの練習の為にコースに溝が切ってあり、圧雪されただけのコースと比べスピードが出し易い。平らな場所に出てホッとした嬉しさも相まって気持ちいい〜♪とテンションが再度UPしたところで今回の3kmコースは終了となった。転ばずに滑るという課題、もっと滑りたい欲求、心地よい全身運動の疲労とで、大満足なクロス初体験となった。その後、編集室に戻り、撮ってきた写真をチェックすると、右手と右足が一緒に出ているギクシャクした初心者姿の私がしっかり写っていた。ha.gif

osiete.gif 
 白馬岩岳スキースクール  泉 秀和さん

  お忙しいところご協力いただき、ありがとうございました。
                                                    by編集室
izumisan.gif 
★白馬岩岳スキースクール
  TEL0261-72-2184(8:30〜17:00)
   クロスカントリーレッスン(前日までに要予約)半日4,000円
   用具レンタル 1日1セット:2,500円〜

■岩岳クロスカントリーコース
   (〜3月下旬/大会使用中は不可)
   ●9:00〜17:00 ●料金:一般コース利用は無料
 
nn.gif 

taikendekiru.gif

 ■白馬クロスカントリー競技場(スノーハープ)
(〜3月末)
   ●9:00〜16:00 ●料金:300円 ●レンタル有り(1,000円〜)

 ■ 白馬みねかたスキー場(〜3月11日)
   ●8:30〜16:30 ●料金:無料 ●レンタル有り(1,000円〜) 
 
 

posted by 編集室 at 17:47| 長野 ☁| アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月01日

CHALLENGE THE HELI SKI・SNOWBOARDING BACKCOUNTRY TOUR

powderdragon-top.gif 

  場   所
 
 白馬コルチナスキー場
  開 催 日  12/23〜4/1
  営業時間  9:30〜15:00
  料    
    初級10,000円(約30分)
    中級40,000円〜(3〜4時間)
    上級50,000円〜(3〜4時間)
 (各コースとも保険代315円別途)

ビーコン必須(レンタル1,000円)
※天候不良などにより、ツアーが中止になる場合あり

お問合せ…0120-715191(パウダードラゴン) 
powderdragon1.gif 
 
powderdragon2.gif 用意するもの
●滑る道具一式
 (ファンスキー・ショートスキーは不可)

 アバランチビーコン(※)
雪崩で雪に埋没してしまった人を発見するための機器。埋没者、捜索者、双方の装着が必須。

 コースによってはスノーシュー(※)

 (※)レンタル(有料)あり
 
コースは?
有資格ガイドの方が、レベルに応じたコースを案内してくれるよ。この日は、元ゲレンデだった雨中コースを滑り、ヘリでピックアップしてもらう初級コースに挑戦。ちなみに、上級コースは、中級コースに参加し、ガイドの許可を得てからでないと参加不可。 
powderdragon3.gif 
 
powderdragon4.gif ガイドさん
この日、案内していただいたのは、関塚 直樹さん。楽しいトークで、ツアーを盛り上げてくれたよ!フラットなところでは(ストックを持たないスノーボーダーにはキツイ)、後ろから押してくれたり、ストックを使って引っ張ってくれたりと、至れり尽くせり。 
 
powderdragon.gif 
powderdragon6-1.gif 機長さん
機長の稲田竜太さんは、カナダ・アラスカ・ニュージーランドなどで、ヘリスキーを体験。それらの良さを取り入れ、今まで日本になかったタイプのヘリスキーを提供したいそう。それだけに、サービス精神旺盛。
powderdragon6-2.gif 
 
powderdragon7.gif 
 
体験記
圧雪されたゲレンデが大好きな私。「オフピステか〜。体力無いし、高いところ苦手だし〜」とビクビクしながらスキー場へ向かうと気さくで笑顔がステキなスタッフの方々がお出迎え。おかげでちょっとリラックスモードに。ビーコンを装着し、いざ出発。今回はパウダー初心者でもOKの初級コース。リフトで上がり、少し滑り降りたところからコース外へ。広くなだらかな斜面を歩くこと10分少々。なだらかとは言え、新雪の上を歩くと息が上がってちょっと休憩。振り返ると素晴らしい眺めで、ゲレンデとは違う開放感にひたりながらスタート地点へ。緩斜面を滑って行くと細くて起伏のあるスロープ。その先には広々としたコースが。「気持ちいい〜!!」気分はすっかりビデオの中のトップライダー(でも勿論、そこには天と地ほどの差が・・・)。その後、杉の木林を抜けてヘリの着陸地点に到着。数分後、ヘリコプターの近づいてくる音が。「お迎えが来た〜!」と思わず手を振ってしまうのは私だけではないらしい。ヘリコプターが巻き起こすすさまじい風の中、急いで乗り込み、シートベルトを締めたら離陸。飛び立ったヘリは思いのほか振動が少ない。「ああ、なんてセレブな気分♪」ホッとした次の瞬間、フワ〜ッと急降下。「ギエ〜!」私の血圧も急降下?!まるで先の読めないジェットコースター。その後も機長さん、様々なワザをご披露してくださいました。ワタクシもう少しで昇天しそうでしたが、貴重な体験に味をしめて、次は中級コース目指して体力をつけようなどと思ってしまったのでした。
                                                osho.gif 
powder dragonのみなさま、楽しい取材をさせて頂き、
本当にありがとうございました。        by 編集室 
 
 
 

posted by 編集室 at 12:38| 長野 ☀| アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。