2013年09月01日

体験記 -苔玉作り-

1.gif
2.gif
 手袋もエプロンも貸してくれるので、手ぶらでOK!
3.gif 
 苗木選び。葉だけのもの、花が咲くものと、沢山あるよ。何種類かを寄せ植えにすることも可。今回は、秋らしく『笹葉リンドウ』と『ヤクシマススキ』をチョイス。

4.gif
5.gif
 
 苗木についた余分な土を払う。
6.gif
 ケト土を手に広げて苗を乗せ、おやきを作るような要領で根を包む。
7.gif
 ケト土が乾きポロポロして、くっつきにくいようなら、水でしめらせ、根を完全に覆うように、周りに貼っていく。あまり貼ると、大きくなりすぎるので注意。
 
8.gif
9.gif
 ケト土に苔を載せていき、糸を巻きつけて留める。
10.gif
11.gif 
 12.gif
 苗の周りに飛び出た苔は、割箸で土に押し込む。はさみを用い、余分な苔をカットしたら完成〜。
 13.gif
15.gif 
 16.gif
 
体験記
 ポトスとバジル以外は、なんでも枯らしちゃう私が、苔玉作りに挑戦。植物をめでるのは結構好きなのだが、相性となるとちょっと心配…。先生の小田さんにアドバイスを受けて選んだのは、垂れ下がった葉がインテリアのアクセントになりそうな笹葉リンドウとヤクシマススキ。ラ・プラース9月号を意識して、秋らしい組合せだ。リンドウといえば紫の花を想像するかもしれないが、白い花をつけるものをチョイス。葉だけでも素敵だが、この葉の先に白くて可憐な花が咲くのかと思うとわくわくする。苗についた余分な土を払い、2種の苗をまとめて、ケト土でくるんでいく。その感触は、子どもの頃遊んだ粘土のようだ。その後、土のまわりに苔を張り、木綿糸で巻いて留める。糸は細く黒いので、全然目立たない。苗の近くに糸を巻く時は、葉を巻き込んでしまわないように気をつける。そして、はみ出した余分な苔をはさみでカット。家人の髪を切る時のことを思い出しながら、おそるおそるはさみを入れる。この時、大胆な人、慎重な人、大雑把な人と、その人の性格が現れるそうだ。私は、気が小さい人というところだろうか。この苔玉に水をた〜っぷりやる。じゃばじゃばと大胆な水遣りに、ちょっとびっくり。やる時はたっぷりとやるのがコツらしい。植物も人の子と同じで、手をかけすぎてもかけなさすぎてもダメと小田さん。(肥料のやり過ぎや水のやり過ぎで植物をダメにする私には耳が痛い。)植物に合わせたお手入れ法を教えてくれるので、作った後も長〜く楽しむことができそうだ。完成に舞い上がっているところへ、小田さんが苔玉を置くクラマ皿を持って来てくださった。ごつごつとした渋い器に苔玉を置くと…。おしゃれ度と清々しさが、ぐ〜〜〜んとUP!『す・すてき〜☆☆☆』。「なんでも枯れる編集室に置くよりは家で。」と考えていたのだが、編集室員みんなの「さわやか〜」「すごく、いい!めちゃ、いい!超いい!」「癒される〜」の声を聞くと、うちにあるよりここでみんなにかわいがってもらった方が良さそうだ。いつもはちらかり放題のテーブルも苔玉のために、すっきりキレイに。今日も編集室員みんなの癒しとして、活躍中だ。
18.gif
17.gif
白馬山麓植物園  0261-71-8118
開園時間 9:00〜17:00
休 園 日 火
体 験 料 1,500円(入園料込み、別途苗・皿代) 
 
 


posted by 編集室 at 00:00| 長野 ☁| 2006年夏の特別号 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。