2013年09月01日

文化伝承の時間 -小谷村郷土館-

1.gif
2.gif
 こちらの建物は、明治22年、千国村と中小谷村が合併した際、民家を移築し『南小谷村役場』としたもの。その後の合併で小谷村が誕生した際もそのまま利用され、昭和46年まで『小谷村役場』だったそう。


3.gif
 北小谷で発見された日本最古の恐竜足跡化石。発見された辺りの地層は『くるまそう』と呼ばれ、新潟県や富山県の一部にも広がっているそうだよ。層が露出している地区は少なく、これが顕著な小谷の集落の名をとって『来馬層』としたんだって。この地層、なんと1億9千万年前(ジュラ紀)のもので、貴重な化石が発掘されることも。新しくここから発見された化石に『○○クルマ』と命名されたものもいくつかあるそうだよ。この化石は、隆起や沈降を経て地上に現れたため、切り立った崖の壁面、地上から約1mの所で発見されたんだって。

4.gif 
5.gif 
6.gif
 小正月、セイノカミ(ドンドヤキのこと)を行う広場に雪の祭壇を作る。そこにドウソジンを奉り、豊作を願ってマユダマを供えるんだって。地元のお年寄りなどが、くるみの木を用いて作るそうだよ。

 7.gif
 苗取りや田植えの際、中にヨモギなどを入れていぶし、蚊除けに使用した。 8.gif
 
 
小谷村郷土館
0261-82-3663
開館時間
 9:00〜16:30
休 館 日 火
       (冬期休館)
入 館 料
 一般300円
 小・中学生100円 
 9.gif
 
10.gif
 小谷村郷土館さま、お忙しいところ取材に御協力いただきまして、本当にありがとうございました。貴重なお話が伺えて、とても楽しかったです。 by編集室







posted by 編集室 at 00:00| 長野 ☁| 社会見学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。