2009年06月04日

木流し川

 
kinagasi.jpg
 八方・駅前など身近な場所を流れる「木流川」。毎日眺めてる川だけどいったいどんな川なの?という事で、「木流川」散策へGO〜♪

 どんな川?
木流川は江戸時代に開削された農業用水路で、白馬山麓で切り出した薪を流し、下流の集落まで運んだことから「木流川」と呼ばれるようになった。(薪を引き上げた場所は、詩の小徑内の『春木場』)松川から取水された後、松川右岸側の水田をかんがいし、白馬村の中心を流れ、姫川へ流れ込む。全長は約5km 。流量も豊富で清らかで、最下流では岩魚の養殖にも利用されている。護岸には松川の石を積み、河畔には木を植え、長い年月の間に周辺の山岳域から種子が流れ着き、多種多様な生態系を育んでいる。現在は農業用水、生活用水、防火用水として利用されているほか、親水広場やビオトープ池、遊歩道、小径などが整備されている。

kinagasi.1.jpg


 @木流川スタート!
場所は二股。松川と南股川が合流する地点の近くだよ。現在は電力会社が松川から取水し、発電に利用後の水を川に流し入れてるんだって。白馬村の上水道にも使われているよ。


二股より〜
二股橋からは、こんな絶景が! →
kinagasi.2.jpg
 



 A上流付近でもU字溝が入ってる箇所が多い。昭和の時代になってから漏水を防ぐ目的などで入れられた。今となっては『景観的に残念』という意見もあるが水をとても大切にし、生活に密着していた川だということが分かる。
 
kinagasi.3.jpg



 B写真手前の小山は通称『らくだ山』(保育園に通っていた子供達が名付けたそう)元々この場所は田園で、整備した際に出た残土を利用して作られているよ。なだらかな斜面は小さな子供が転がったりして遊んでも大丈夫。大人はのんびり昼寝したり、お弁当を食べたり…とてもリラックスできちゃうよ。
 
kinagasi4.jpg
 C『木流川と親しむ会』と地元小学生手作りの看板。材料なども自分達で調達したそう。手作り感がとてもいい感じ♪

取材時は『ショウジョウバカマ』や『キクザキイチゲ』が見頃だったよ。
 
kinagasi5.jpg



 D木ながし公園  駐車場の脇
川の近くまで降りられるように段差がついている。
 
kinagasi6.jpg
 E昔の面影を残す川辺。ゆっくり歩くと絵になる場所がとても多いことに気づく。水量によって川のせせらぎに変化が生まれ、来るたびに小さな変化が感じられて、五感が研ぎ澄まされるよ〜。 
kinagasi7.jpg

《詩の小徑周辺》

 丸太で作られた手作り看板が詩の小径の目印♪さくさくと草を踏みしめながら川のほとりを散策できるよ。
 
kinagasi10.jpg
 スモモ並木の下をのんびり散策。木には投稿された俳句が木札に書かれ掛けられているよ。思わず笑ってしまうユーモアたっぷりのものから、しみじみするものまで作品は多彩。

 私も一句・・・
『すももちゃんお花も良いけど 実も好きよ』
                詠み人 ココ
 
kinagasi9.jpg
 春木場
上流の二股で伐採した木材はこの場所で引き上げられたよ。90cm〜120cmの木を流していたそう。名前の由来は水量が増える春の雪解け水を利用していたからなんだって。
 
kinagasi11.jpg
 F木流川ゴール
養魚場の脇から姫川に合流しているよ。取材時、近くには釣り人、浅瀬には鴨のつがいが♪こんなキレイな場所があったんだ〜とゴール地点に感動の編集室員でした。
 
kinagasi8.jpg
 
kinagasi13.jpg

   お話を伺ったのは・・・
   木流川と親しむ会の浅香公夫さん。

  とてもにこやかに、木流川の歴史から、川辺の動植物にいたるまで 詳しく教えていただき、ありがとうございました〜! BY編集室
    
  kinagasi12.jpg
 
木流川の整備や
観察会などを
主催する会。
  今年で結成
10年目だそう
 実際に歩いてみて
 取材当日はお天気にも恵まれ、まさにピクニック気分♪近所に住んでいながら今まで散策路を歩いたことがなかった私は「散策路ってどんな風になっているんだろう?」と前々から歩くの楽しみにしていました。散策路は、まさに自然の宝庫。春の柔らかな日差しの中、小川のせせらぎをBGMに林の中を歩いたり、田んぼの畦道を歩いたり……。こうしてのんびり歩いていると野草の群生に出会ったり、鳥の巣を発見したりと普段では気がつかない事にビックリ!特に印象的だったのはスモモの花。可愛い白い花が木全体を覆っている姿は、まるで雪が積もったみたい!すごく綺麗でしたよ。皆さんもぜひ木流し川の散策路を歩いてみてくださいね♪ by angera


posted by 編集室 at 12:11| 長野 ☁| 白馬村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。