2009年01月20日

ゲレンデにまつわるエトセトラ

 08-09top.jpg
08-09sanosaka.jpg 
 サンアルピナ連絡コース
『白馬さのさか』から『サンアルピナ青木湖スキー場』、『サンアルピナ鹿島槍スキー場』を滑って移動出来る連絡コースがある。コースによっては、下りのリフトを利用する場所(鹿島槍〜青木湖連絡コース)や、移動が平坦で体力がいる場所(青木湖〜白馬さのさか連絡コース)もあるが、白馬村〜大町市にまたがる広大なエリアを滑る事が出来るゾ。
08-09sanosaka1.jpg
 レインボーエアと呼ばれる、大小様々なウォータージャンプ台が整備され、夏期トレーニングなどで利用されている。編集室でも「飛ぶなんて頭のはしっこにもない」と言っていた編集室員が取材のためジャンプに初挑戦した。
asiato.jpg
 08-09sanosaka1.jpg
 08-09sanosaka3.jpg
 08-09happo.jpg
 リーゼンスラローム大会
ゲレンデが出来る前から開催され続けている歴史ある大会。八方尾根はまず「山岳スキー」のメッカとして開発され、その山岳地形の素晴らしさを、もっと多くの人に知って欲しいと、近代スキー場への道を辿って来た。その最初のPRを兼ねて企画されたのが『リーゼンスラローム大会』なんだって!今シーズンで63回目。最初の大会は現在のスタート地点よりずっと上からスタートし全長なんと4,500m。途中登りもあるコースだったとか。もちろん
リフトなんてなく、2時間かけて板を担いで登り
つつ、選手自らコースを踏み固めて整備したそう。

ゲレンデ近代化50周年
今年はなんと、八方尾根スキー場にケーブルが完成して50年の節目。50周年にちなんだイベントや、キャンペーンなども予定しているそう。昔のゴンドラ客車や、昔の出立ちで滑るインストラクターの姿を目にする事もあるかも!?
 08-09happo1.jpg

高山植物の宝庫として人気のエリア。特殊な地質により、普通なら3,000m級の高山でしかお目にかかれないような高山植物をゴンドラ&リフトのアプローチで気軽に見る事が出来る。トレッキングコースも整備され、八方池まで約1時間30分ほど。
08-09happo2.jpg 
 08-09happo4.jpg
 08-09goryu.jpg
 木曽ひのき箸
エスカルプラザで昨シーズンから始めたという『木曽ひのき箸』を使ったリターナブル箸の使用。今シーズンは白馬五竜&Hakuba47でも実施されるそう。エスカルプラザには、木曽ひのきの販売コーナーもあるよ。
asiato.1.jpg
 08-09goryu1.jpg
いいもりゲレンデのリサイクル

夏シーズンより『生ゴミの堆肥化』をはじめ、ゲレンデでは珍しい徹底したゴミの分別に乗り出したのが、いいもりゲレンデ。分別用に用意された間伐材を使って手作りされたゴミ箱には、英語・韓国語・中国語・日本語で『空き缶』等の記載がされているよ。 
asiato.2.jpg
08-09goryu3.jpg 
 08-09goryu2.jpg 
 アルプス平ゲレンデの雪の下は、夏期には散策道が整備された山野草園に。登山しないと見られないような、『コマクサ』や『ウルップソウ』など、貴重な高山植物も、『生きた植物図鑑』のように見る事が出来るよ。
 08-09goryu4.jpg
 08-0947.jpg 
 雪像コンテスト
恒例になってきた『Hakuba47かまくらビレッジ』。このイベントにあわせて、各リフトやレストランといった部署ごとに雪像を作り、スキー客に投票してもらう『雪像コンテスト』が開催される。そのため、Hakuba47ゲレンデには各所にユニークな雪像が点在。見て楽しい♪

 08-0947-1.jpg
 ゲレンデインフォメーション
インフォメーションと言うとデスクがあって、受付の人がいて…と言うイメージ。でもここHakuba47のインフォメーションは、赤いテンガロンハットを被り、今年モデルチェンジしたエコ素材のウェアで、ゲレンデ内を颯爽と駆け回っている。通称『Gインフォ』。イベント時のアテンダントとして、はたまた道案内として…頼れる存在なのだ。
 08-0947-2.jpg
08-09minekata.jpg
テレヘレ
簡単に言うと、テレマークスキーの二人三脚。2名以上が並んで1本のバーを持ち滑る。声を掛け合いながらタイミングをあわせてターンするそう。白馬みねかたスキー場では毎年大会の中でこの競技を見る事が出来る。今シーズンは2月14日に開催されるよ。
 
 08-09minekata2.jpg 08-09minekata1.jpg
 08-09minekata3.jpg
 08-09iwatake.jpg
いろいろな所からリフトでゲレンデへ
新田旅館街からゲレンデへ出る『ラインリフト』。どんぐり村ペンション街からゲレンデ上部へ出る『白馬スカイウォーカーペア』など、ゲレンデ外からリフトでアプローチ可能なエリアが。学生大会の多いゲレンデならでは?
 08-09iwatake.1.jpg
夏の白馬岩岳は『ゆりの園』に。カラフルなゆりが斜面を埋め付くし、あたりには甘い香が。

隠れた「岩岳」の文字
正面ゲレンデ雪の下には巨大な『岩岳』の文字が。これは人工スノーマット。夏期はサマーゲレンデとして使えるのだ。

08-09iwatake.3.jpg
 08-09hai.jpg 

 白馬姫川温泉「天神の湯」
ゲレンデ下部に隣接する白馬ハイランドホテルの温泉。白馬駅の東の高台にあるので、お湯に浸かりながら、北アルプスの大パノラマが楽しめちゃうゾ♪

情報

外来の入浴時間
11:00〜17:00
料金
大人500円、
3才〜小学生250円

 
 08-09hai1.jpg
  
  
08-09tsugaike.jpg 
 早春のバックカントリー
栂池の早春は栂池高原スキー場上部のロープウェイが運行!さらにヘリコプタースキーも催行され、普段は行く事が出来ない、大自然の雪を堪能する事が出来る。

ヘリスキー&スノーボード
期間:3/14〜4/5、4/11・12・18・19、4/25〜5/6(予定)
料金:大人10,000円、子供9,000円
※天候により中止になる場合も。
※原油価格高騰により料金変更になる場合も。
★お問合せ…0261-83-2515(栂池高原観光協会)

早春のロープウェイ運行
期間:3月中旬〜5月6日(予定)
時間:8:30〜16:00(下り最終15:40)
料金:ゴンドラリフト+ロープウェイ往復3,000円
★お問合せ…0261-83-2255(栂池ゴンドラリフト(株))
 08-09tsugaike1.jpg
 
高層湿原が育む貴重な植生と、大自然の景観でトレッキングエリアとして人気。ゴンドラ&ロープウェイで行けるよ♪

   山荘の屋根に登れそう!な積雪〜♪→
08-09tsugaike2.jpg
 08-09tsugaike4.jpg
 08-09norikura.jpg
 テレマーク
テレマークスキーのメッカ!毎朝9:00〜9:30には、はくのりモーニングレッスン(無料・初心者向け)が開催され、『はくのりテレウィーク』等イベントも。昨シーズンは編集室でも1〜2のインドア派と、生まれながらのスノーボーダーという妙?な2人がテレマーク初挑戦!
 クアハウス
ゲレンデを望むクアハウス。流水プール、ジャグジー、寝湯、打たせ湯、スチームサウナ等が揃う。水着着用。天然温泉(別途料金)もあり。
時間:12:00〜22:00
料金:大人800円、小人500円

  2日たっても3日たっても脚が筋肉痛〜 →
 08-09norikura.1.jpg
 08-09norikura.2.jpg
 08-09cortina.jpg 
 ホテルグリーンプラザ白馬
赤い屋根の、ヨーロッパムード溢れるホテルは、それだけでインパクト大!ゲレンデがすり鉢状になっていて、ホテルに向って滑るシチュエーションも◎。

湯プラザ
ホテルグリーンプラザ白馬内にある入浴施設。お風呂の種類が豊富で、楽しめちゃう&今シーズンから、天然温泉も楽しめるようにリニューアル予定!(1月頃)。リゾート気分だね♪
時間:13:00〜24:00(外来入浴)
料金:大人1,000円、小人600円、
    小学生未満無料
08-09cortina.1.jpg 
 土倉(ひじくら)林間コース
白馬コルチナホテルの立つベースエリアより下へ延びる林間コース。緩やかな樹林を通り抜け、途中には板を外して道路を横断する所もあるのだとか。ゴール地点は土倉旅館街。連絡リフトがあるので、ゲレンデ下部へ戻る事が出来るよ♪
 08-09cortina2.jpg


【関連する記事】
posted by 編集室 at 13:10| 長野 ☁| 2008-9冬の特別号 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。