2013年09月01日

村男3世どらやき

 iimono.gif
 
 白馬村のゆるキャラ『ヴィクトワール・シュヴァルブラン・村男V世』のオリジナル商品があると聞き、早速行ってきたよ♪こちらのどら焼きを販売しているのは瑞穂地区にある呑者屋。女将さん考案で6月末からお目見え。『村男V世くんのPRをしたい!』と思い立ち、許可申請に行った際に「第一号ですよ」と言われたそう。どら焼きの前面に村男V世の姿が焼印されインパクト大!女将さんがこだわった点は、皮の焼色をなるべく薄くし、村男V世が目立つ様にしているところで、焼印が大きいためキレイに押すのが難しいんだって。冷凍販売なので、自然解凍してからレンジで少〜し温めると、生地のふわふわ感がアップし、あんこと一緒にはさまれているマーガリンが溶けておすすめだよ。暑い時期は、半解凍でアイス感覚でいただくのも美味しそう!白馬村のお土産として大人気になる日も近いかも?!同店でお馴染みの『おやき』にも焼印を思案中との事で、そちらも楽しみだね〜♪
★お問合せ…0261-72-5566(呑者屋)
 
 dorayaki.jpg
posted by 編集室 at 09:00| 長野 ☀| いいモノ見つけた♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニューオープンのお店

 taitoru.gif
 utyuuann.jpg
 南小谷駅前にあった 「ふみすし」 が、雨中地区の古民家で店名も新たにオープン!しっとりとたたずむ隠れ家的なお店は、和の中にモダンな雰囲気が漂い、のんびりとした時をすごせるよ♪元は東京で老舗の寿司店を営んでいたご主人。地元の方達の嗜好を研究し、『生ものが苦手な方にも来ていただけるように』との思いから、火を通すメニューも加えたそう。釜めしや陶板焼き、新鮮なネタを使った寿司など、四季折々の山海の味を楽しむことが出来る。お値段も、小鉢や香の物、みそ汁などが付いて1,000円からと、とってもお手頃。『この辺りは食欲旺盛なお客様が多いんですよ』とご主人。地元の方の胃袋に合わせて量を多めに設定しているという心遣いも嬉しい♪オススメは冷凍をしていない、生馬刺し(1,000円〜)で、赤身・ロース・霜降と選べる。提供に時間のかかるメニューもあり、事前注文や出前、テイクアウト、宴会予約や送迎なども相談にのってもらえるから、まずは気軽に問い合わせてみてね♪

DATA : 雨中庵(うちゅうあん) 0261-82-2220 不定休
 


 op29.jpg
白馬駅前のバッカスがリニューアル♪『Barのイメージから、家族連れの方でもお食事とお酒をのんびり楽しめる店にしたかった』とオーナー。テーブルとカウンター席があり、昼のBGMはクラシック、夜はジャズに。オススメは地元白馬豚を使ったしょうが焼き(1,000円・写真)や厚切りのポークソテー(1,200円)。粉から作っている本格的カレーライス(800円)は子供でも食べられる辛さ。サラダ・スープ・ご飯付で、ご飯大盛り無料なのも嬉しいサービス。喫茶は1杯ずつ落とすコーヒーをはじめ、生しぼりジュースや季節ごと変わるケーキ、思わず懐かしい気分になる「レスカ(レモンスカッシュ)」や瓶入りジュースも!夜の時間帯は各種おつまみも充実するよ〜。ショパンの作品ナンバーから店名を付けたとあって、店内は音符モチーフのインテリアが多く配置され、音楽小物雑貨の販売も。プレゼントにもおすすめだよ♪

DATA : OP.29 0261-72-4589 不定休
posted by 編集室 at 08:00| 長野 ☀| 白馬・小谷のお店屋さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

文化伝承の時間 -小谷村郷土館-

1.gif
2.gif
 こちらの建物は、明治22年、千国村と中小谷村が合併した際、民家を移築し『南小谷村役場』としたもの。その後の合併で小谷村が誕生した際もそのまま利用され、昭和46年まで『小谷村役場』だったそう。


3.gif
 北小谷で発見された日本最古の恐竜足跡化石。発見された辺りの地層は『くるまそう』と呼ばれ、新潟県や富山県の一部にも広がっているそうだよ。層が露出している地区は少なく、これが顕著な小谷の集落の名をとって『来馬層』としたんだって。この地層、なんと1億9千万年前(ジュラ紀)のもので、貴重な化石が発掘されることも。新しくここから発見された化石に『○○クルマ』と命名されたものもいくつかあるそうだよ。この化石は、隆起や沈降を経て地上に現れたため、切り立った崖の壁面、地上から約1mの所で発見されたんだって。

4.gif 
5.gif 
6.gif
 小正月、セイノカミ(ドンドヤキのこと)を行う広場に雪の祭壇を作る。そこにドウソジンを奉り、豊作を願ってマユダマを供えるんだって。地元のお年寄りなどが、くるみの木を用いて作るそうだよ。

 7.gif
 苗取りや田植えの際、中にヨモギなどを入れていぶし、蚊除けに使用した。 8.gif
 
 
小谷村郷土館
0261-82-3663
開館時間
 9:00〜16:30
休 館 日 火
       (冬期休館)
入 館 料
 一般300円
 小・中学生100円 
 9.gif
 
10.gif
 小谷村郷土館さま、お忙しいところ取材に御協力いただきまして、本当にありがとうございました。貴重なお話が伺えて、とても楽しかったです。 by編集室





posted by 編集室 at 00:00| 長野 ☁| 社会見学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

体験記 -苔玉作り-

1.gif
2.gif
 手袋もエプロンも貸してくれるので、手ぶらでOK!
3.gif 
 苗木選び。葉だけのもの、花が咲くものと、沢山あるよ。何種類かを寄せ植えにすることも可。今回は、秋らしく『笹葉リンドウ』と『ヤクシマススキ』をチョイス。

4.gif
5.gif
 
 苗木についた余分な土を払う。
6.gif
 ケト土を手に広げて苗を乗せ、おやきを作るような要領で根を包む。
7.gif
 ケト土が乾きポロポロして、くっつきにくいようなら、水でしめらせ、根を完全に覆うように、周りに貼っていく。あまり貼ると、大きくなりすぎるので注意。
 
8.gif
9.gif
 ケト土に苔を載せていき、糸を巻きつけて留める。
10.gif
11.gif 
 12.gif
 苗の周りに飛び出た苔は、割箸で土に押し込む。はさみを用い、余分な苔をカットしたら完成〜。
 13.gif
15.gif 
 16.gif
 
体験記
 ポトスとバジル以外は、なんでも枯らしちゃう私が、苔玉作りに挑戦。植物をめでるのは結構好きなのだが、相性となるとちょっと心配…。先生の小田さんにアドバイスを受けて選んだのは、垂れ下がった葉がインテリアのアクセントになりそうな笹葉リンドウとヤクシマススキ。ラ・プラース9月号を意識して、秋らしい組合せだ。リンドウといえば紫の花を想像するかもしれないが、白い花をつけるものをチョイス。葉だけでも素敵だが、この葉の先に白くて可憐な花が咲くのかと思うとわくわくする。苗についた余分な土を払い、2種の苗をまとめて、ケト土でくるんでいく。その感触は、子どもの頃遊んだ粘土のようだ。その後、土のまわりに苔を張り、木綿糸で巻いて留める。糸は細く黒いので、全然目立たない。苗の近くに糸を巻く時は、葉を巻き込んでしまわないように気をつける。そして、はみ出した余分な苔をはさみでカット。家人の髪を切る時のことを思い出しながら、おそるおそるはさみを入れる。この時、大胆な人、慎重な人、大雑把な人と、その人の性格が現れるそうだ。私は、気が小さい人というところだろうか。この苔玉に水をた〜っぷりやる。じゃばじゃばと大胆な水遣りに、ちょっとびっくり。やる時はたっぷりとやるのがコツらしい。植物も人の子と同じで、手をかけすぎてもかけなさすぎてもダメと小田さん。(肥料のやり過ぎや水のやり過ぎで植物をダメにする私には耳が痛い。)植物に合わせたお手入れ法を教えてくれるので、作った後も長〜く楽しむことができそうだ。完成に舞い上がっているところへ、小田さんが苔玉を置くクラマ皿を持って来てくださった。ごつごつとした渋い器に苔玉を置くと…。おしゃれ度と清々しさが、ぐ〜〜〜んとUP!『す・すてき〜☆☆☆』。「なんでも枯れる編集室に置くよりは家で。」と考えていたのだが、編集室員みんなの「さわやか〜」「すごく、いい!めちゃ、いい!超いい!」「癒される〜」の声を聞くと、うちにあるよりここでみんなにかわいがってもらった方が良さそうだ。いつもはちらかり放題のテーブルも苔玉のために、すっきりキレイに。今日も編集室員みんなの癒しとして、活躍中だ。
18.gif
17.gif
白馬山麓植物園  0261-71-8118
開園時間 9:00〜17:00
休 園 日 火
体 験 料 1,500円(入園料込み、別途苗・皿代) 
 
 
posted by 編集室 at 00:00| 長野 ☁| 2006年夏の特別号 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。