2013年02月28日

BCクロカン

 taitoru.gif
 top.jpg
 BC.gif 
 「BC」はバックカントリー、「クロカン」はクロスカントリースキーの略。「バックカントリー」とは、圧雪されていないエリアを登って滑ること。ちょっと険しいイメージが…(汗)。「BCクロカン」は地形が穏やかな里山エリアを、歩き・登り・滑る遊び。スキーの技術がなくても歩ければ大丈夫!!だれでも気軽に始められるよ!!ぜひ、やってみよう♪

 dougu.gif 
 ita.jpg 
 クロスカントリースキーより太めの板。
 ちょっと
前のスキーという感じ。とても軽いよ!!
 エッジがついていて安定感があるんだよ。
  
ura.jpg 板の裏はうろこ状。
これがあるから斜面で
後ろに滑らないんだね。
 
靴はスニーカーのよう。
ストックは伸縮出来て
リングが大きいものがいいよ。 
kutu.jpg
    金具の部分が少し広い。 
 

iku.gif 
 1.jpg
 2.jpg
 3.jpg
 4.jpg  
5.jpg 
6.jpg 
7.gif 
 
yamada.jpg
              山田誠司さん 



お忙しいところご協力いただき、ありがとうございました。とっても楽しかったです。 by 編集室
DATA
BCクロス体験 (4月末まで)
★申込み・お問合せ…0261-85-1221(山田旅館)
 ・半日 5,000円〜(2人以上)
 ・レンタルあり 3,000円 
 

taiken.gif体験記

  クロスカントリー(以下クロカン)というものに物凄く苦しいイメージをもっていた私が、BCクロスカントリー(以下BCクロカン)に挑戦する事になり、不安な気持ちで当日を迎えた。前日夜からの激しい降雪で、不安な気持ちに拍車がかかる。しかし現地に到着して、ガイドさんから道具の説明を受け、準備をしているうちに、ナント青空が見えてきた!テンションが上がってきたところで出発!でもクロカン初心者の私はそう簡単にはいかない。BCクロカンは普通のクロカンの板より幅が広く、エッジも付いているので、はいた感触はスキーに近いが、踵が上がるのですごく不思議な感覚…。
 早速、未圧雪の場所へと立ち入るべく、雪の斜面を登る。「おお〜、スキーで斜面が登れる!」これだけで感動。ひざ下まで積もった雪で、先頭のガイドさんはひたすらラッセル。2番手の私は楽チン。「3番目はもっと楽ですよ」の言葉に、3番手の編集員ウンパちゃんと位置を交代すると、踏みしめられた道となっていて本当に楽チン。「後ろの人は道を広げながら歩くと、下る時、スキーをハの字にできますよ」とのお言葉。それならばと、スキー1 本分、外側の壁を削りながら進む。雄大な雪景色に見とれながら歩くこと1時間。思ったより苦しくない。「もっと急なコースを行くと苦しいですけどね」…そりゃそうよね(汗)そして目的地に到着。ガイドさんが手際よく雪を掘ってテーブルと座る場所を作ってくれた。ここでランチタイム♪体を動かした後に青空の下で食べるご飯は格別!こんな楽しみがあったのね〜。
 さて帰りが問題。クロカンは下りが難しい。滑り出していきなり撃沈!後ろにステーンとひっくり返ってしまった。踵が浮くが、つま先は固定されているのになぜか後ろへ転び易い。何度か転びそうになりながら下るうちに悟った。「スキーと思わずスケートだと思えばいいかも」。するとなかなか良い感じ(緩斜面だからだけど)。冷や汗をかきつつもスタートした場所まで戻ってくることができた。手軽に雪の上のお散歩を楽しめるBCクロスカントリー。終えてみると今までの『苦しい』イメージが『楽しい!』に変わっていた。BCクロカンなら家の近くでのお散歩も、いつもと違った楽しみ方が出来そう♪既に頭の中で「次はお昼ご飯にアレとアレを持って〜…」と考えている私である。  
                                                                                                       osho.gifOSHO

 

posted by 編集室 at 15:53| 長野 | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月04日

白馬ジャンプ競技場

 jump.gif
 「白馬雪恋まつり」が開催されるジャンプ競技場。
競技予定日以外はリフトで上って内部を見学出来るよ!!ぜひ訪れてオリンピックの感動を再び体験!!
 
 tenbo.jpg4階建てのスタートタワー。各階へはエレベーターで行くよ。そのエレベーター内にはスキーを持った人型が!! 
    erebe-ta-.jpg
知ってる!?

ひとつだけ金色にペイントされているぞ。
乗ると運気がUPしちゃうかもね!?
 rifuto.jpg
  
 2f.gif
2階からはノーマルヒルスタート地点へ。
 
 3f.gif
ジャンパーズアイビュー
ジャンパー竹内拓選手の目線で撮った約5分の映像が見られるよ。荻原健司氏が飛び方、姿勢などを解説しているゾ。

記念写真用パネル
顔を入れてね!!    
kao.jpg 
長野オリンピックジャンプ団体 ゴールドメダリストの足型
ahi.jpg
ラージヒル スタートゲート体験
スタート地点助走路35度。助走スピード90〜95km!!気分はオリンピック選手♪
 tobu.jpg
ラージヒル スタート地点へ
通路を渡りスタート地点へ。選手の気分を体験。景色もgood!
keshiki.jpg

今回案内していただいた ジャンプ競技場所長 中村久元さん
         お忙しいところありがとうございました。by編集室
shochou.jpg
 DATA
料金:大人往復500円 小人往復300円
    ※オリンピック記念館入館料込み・15名〜団体割引
時間:12/上〜3/31(9:00〜15:30) 4/8〜11/30(8:30〜16:30)
★お問合せ:0261-72-7611 白馬ジャンプ競技場
posted by 編集室 at 11:16| 長野 ☀| 白馬村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月01日

CHALLENGE THE SNOWMOBILE

1.gif 
 2.gif
3.gif 
4.gif 
 
5.gif 6.gif


右レバーがアクセルで、左レバーがブレーキと、原付バイクのよう。腕とバイクをコードでつなぎ、コードが抜けるとエンジンが停止する安全装置も付いているよ。 
7.gif 
300ccスノーモービルを使用。ちなみに、スキーパトロールなどで使用されているのは、600cc〜1000ccくらいのものが多いそう。 8.gif 
 
9.gif
右折時は右に、左折時は左に体重をかける。雪面が傾斜している時には、山側へ体重を。右折するけど、左が山側だったら??? 先頭のガイドさんを見本にすれば大丈夫。オーバー気味に動いてくれるので、分かりやすいよ。 
10.gif 
11.gif

 
最後は、平らな広いところでフリーライディング。好きなように走れるのも、また楽しい!!
12.gif
 「原付バイクの運転経験があるなら大丈夫ですよ」と言われ、運転席に座らせてもらうことに。原付と比べるとハンドルがかなり重く、最初の10分で既に腕がだるいような…(日頃の運動不足がバレバレ)。 始めのうち、右手でアクセルを握りながら右へハンドルを切るのが難しく、前を走るガイドさんのラインからはみ出してしまったりした。ツアーコースでは自然の地形を走る為、随所でバランス感覚が試される。最初は「はて、どっちに体、傾けるんだっけ?あれれ??」という調子だったが、慣れてくると、美しい景色に目をやる余裕も出てきていい感じ♪う〜ん、気持ちいぃ〜!皆さんも時にはゲレンデ滑走とは一味違った、こんな遊びを楽しんでみてはいかがだろうか?
 
13.gif
 
 「原付バイクのようなものですよ。乗ったことは?」「ないです…。」というわけで、運転を編集室員OSHOちゃんにまかせ、彼女の後ろに乗り込む。運転のさまたげにならないよう、(しがみついている時点で、十分さまたげだけど)右へ左へ懸命に体重移動。おかげで右のおしりと左のおしりが離れていく。時折それをもそもそと修正。コースは、ヘアピンカーブあり、木のアーチあり、思っていた以上に緩急に富んでいる。細い枝が頭に当たったけど、ヘルメットがあるので、へっちゃら。それどころか、「あはは〜、ぶたれたね〜」と、大はしゃぎ。最後のフリーライディングでは、ガイドさんとタンデム。片足走行をしてもらい、モービルってこんな走りも出来るのね!と、大興奮。ホント楽しかった〜♪
 
14.gif 
15.gif
 
白馬ライオンアドベンチャー

電  話 0261-72-5061
予  約 要開催期間
           3月までの毎日(悪天候の場合中止になることも)
開催時間 10:00〜、11:00〜、13:00〜、14:00〜、15:00〜
参加資格 シングル(1人乗り)中学生以上、
             タンデム(2人乗り)6歳以上
料  金 シングル(30分 7,000円、60分 10,000円、90分 14,000円)                タンデム(60分 中学生以上 14,000円、子供 12,000円)
           タンデム(90分 中学生以上 20,000円、子供 18,000円)
 
 


 白馬ライオンアドベンチャー様
      取材にご協力いただきまして本当にありがとうございました。by編集室
 
 
posted by 編集室 at 15:03| 長野 | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。